履歴書や職務経歴書はある程度でよければ誰でも簡単に作成できます。 しかし希望の企業に就職転職するためには、他の応募者と同じような履歴書職務経歴書を作成していたのでは、面接まで進むことはまず難しいと言えます。
履歴書や職務経歴書の書き方には基本的なことがたくさんあります。
その基本をしっかりとおさえて、勝てる履歴書・職務経歴書を作成することが重要です。時には他人の作成したものを研究することも必要です。
最初は戸惑ったり、手間がかかるかもしれないですが、そこをきっちりおさえていくことで、今までとは違う魅力的な履歴書・職務経歴書を作成することができるようになるでしょう。

2018年05月10日

売り手市場と就職成功の関係

新卒の就職状況は超売り手市場。
新聞でもネットのニュースでも繰り返し言われているこの売り手市場。
本来であれば、売り手市場である限り強い立場にある新卒者は希望の仕事に就けるはずだと思うのですが、意外に希望する会社から内定を得ることができない、こんな声も良く聞こえてきます。

人気のある企業は売り手市場であっても競争率が高く、また学歴での選別もあったりなど、狭き門は今も昔も変わっていないような気がします。
それでも人気がありますから、どうしてもその企業に入りたいという思いが強くなるのでしょうね。
人気のある企業ばかりを狙って、結局はどこからも内定を得ることができずにあわてて就活を再開。
このような状況に陥ってしまっては、良い結果を出すことができなくなってしまいます。

売り手市場だからこそ、本当に自分のやりたい仕事を考え、企業の大小に関係なく自分を活かせる企業を探せば得るところも多いと思います。続きを読む



タグ:売り手市場
posted by kazu at 18:37 | Comment(0) | 就職・転職事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

履歴書書き方の研究は履歴書作成の第一歩

履歴書は作成が簡単なように思えても、けっこう第一印象に差がつく書類です。
履歴書は氏名、住所、学歴などの情報を採用担当者に伝えるためだけの書類で、誰が書いても同じような書類になると、軽く考えていては希望の就職・転職を実現することは難しいと思いますね。

面接にたどり着くまでには、採用担当者の印象に強く残る必要があることは言うまでもありません。
自己PRは職務経歴書で行うから、履歴書については形式的で良いなんて考えていると、まず面接まで進むことは難しいと言えるでしょう。

履歴書を書き始める前に、履歴書の書き方を研究することが重要です。

どんなに能力やキャリアがあっても、それを採用担当者に納得させることができなければ、希望の仕事に就くのは夢に終わってしまいます。
履歴書を採用担当者に印象づけるということは、面接に進むための最初の関門であることを認識すべきですね。

こんな基本的なことはわかっていると反論する人もいるでしょうが、履歴書を軽視している人があまりにも多いのにびっくりさせられることがよくあります。
続きを読む



posted by kazu at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 履歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
dc:identifier=