履歴書や職務経歴書はある程度でよければ誰でも簡単に作成できます。 しかし希望の企業に就職転職するためには、他の応募者と同じような履歴書職務経歴書を作成していたのでは、面接まで進むことはまず難しいと言えます。
履歴書や職務経歴書の書き方には基本的なことがたくさんあります。
その基本をしっかりとおさえて、勝てる履歴書・職務経歴書を作成することが重要です。時には他人の作成したものを研究することも必要です。
最初は戸惑ったり、手間がかかるかもしれないですが、そこをきっちりおさえていくことで、今までとは違う魅力的な履歴書・職務経歴書を作成することができるようになるでしょう。

2013年09月14日

転職時に重要視される前職上司の推薦状?

転職するのに推薦状が重視される?
しかも前職上司の推薦状とは。
ちょっとタイトルを読んだときには奇異に感じました。

これはマイナビニュースでの記事タイトルですが、「人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは、転職時にソーシャル・メディアやオンラインを利用して推薦状やコメントを得る人が急速に増えている中、人材会社や企業は前職の上司による推薦状を最も重要視すると発表した。」とのこと。

→ こちらの記事です。

退職する理由、退職状況にもよると思うのですが、推薦状なんてとんでもない。
そんな声が聞こえてきそうな転職活動中の人もいると思います。

たしかに採用担当者からすれば、前職で具体的にどのような役割を担って、どんな成果を出していたのか、前職上司のコメントは非常に参考になりますね。

もうひとつ大事なことは、転職するに際して、前職の会社、上司と良好な関係が築かれていて、円満退職であることが想像できるということではないでしょうか。

良好な関係になければ、推薦状なんて書いてもらうことなんて期待できないわけですから。
また、自己PR文だけではなく、それを補って強化してくれる推薦状の内容は非常に有効であると思えます。
ただし、あくまで円満退社で、退職時のゴタゴタがないことが必要です。

続きを読む



タグ:転職 重視
posted by kazu at 21:33 | Comment(0) | 就職・転職 気になる話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
dc:identifier=