履歴書や職務経歴書はある程度でよければ誰でも簡単に作成できます。 しかし希望の企業に就職転職するためには、他の応募者と同じような履歴書職務経歴書を作成していたのでは、面接まで進むことはまず難しいと言えます。
履歴書や職務経歴書の書き方には基本的なことがたくさんあります。
その基本をしっかりとおさえて、勝てる履歴書・職務経歴書を作成することが重要です。時には他人の作成したものを研究することも必要です。
最初は戸惑ったり、手間がかかるかもしれないですが、そこをきっちりおさえていくことで、今までとは違う魅力的な履歴書・職務経歴書を作成することができるようになるでしょう。

2009年02月01日

悪化する雇用情勢での転職に成功するために

企業の業績悪化に伴い、非正規従業員のリストラの話しがあちこちで聞かれます。
テレビや新聞でも連日報道されていますね。
前の記事をアップしてから、一ヶ月が経ってしまいましたが、その間に益々雇用状況は悪化しているように感じます。
これから転職活動を開始しようと思っている人は、長期化することも覚悟しておく必要があるかもしれません。

このような状況では、少しでも履歴書や職務経歴書に書ける内容が多い方が良いのですが、過去の経歴は変えることも出来ず、現状で書ける内容はどうしても決まってきますね。
しかし、前向きな姿勢はいくらでも書けるはずです。
今何を目標として頑張っているのか、特にその目標が応募している企業と関係のあることならば、ぜひ書くべきでしょう。

資格もそうですね。
別に取得済みの資格しか書いてはいけないということはないのです。
特に、取得できる日程がはっきりしているならば、○○日までに取得予定などと記入すれば、現実性が増し、企業の採用担当者も、注目してくれるでしょう。

今までと同じ気持ちや頑張りでは、なかなか良い仕事に就くことができず、今後更に難しくなると思われます。本気で転職を考えている、あるいは現在失業中で、1日でも早く仕事に就きたいと願っているならば、就職活動と平行して、職務経歴書や履歴書に書けるアピールポイントを増やす努力をするべきでしょう。



posted by kazu at 22:48 | Comment(0) | 就職・転職事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

dc:identifier=