履歴書や職務経歴書はある程度でよければ誰でも簡単に作成できます。 しかし希望の企業に就職転職するためには、他の応募者と同じような履歴書職務経歴書を作成していたのでは、面接まで進むことはまず難しいと言えます。
履歴書や職務経歴書の書き方には基本的なことがたくさんあります。
その基本をしっかりとおさえて、勝てる履歴書・職務経歴書を作成することが重要です。時には他人の作成したものを研究することも必要です。
最初は戸惑ったり、手間がかかるかもしれないですが、そこをきっちりおさえていくことで、今までとは違う魅力的な履歴書・職務経歴書を作成することができるようになるでしょう。

2010年12月06日

専門学校卒の場合の履歴書

最近は大学を卒業しても、なかなか希望の仕事に就くのが難しい時代。
新卒の就職活動も世代が入れ替わり、内定が決まらずにひたすら就職活動を続けている来春新卒予定者と再来年卒業予定者が入り混じって就職活動を行っています。
まだ内定を得ることができていない学生たちには、めげることなく、最後まであきらめずに頑張って欲しいですね。

ところで、この就職難を受けて、大学在籍中から専門学校で学ぶ、あるいは大学を卒業してから再度専門学校で学ぶ人が増えています。
高校生の場合もそうですね。
そのまま卒業しても希望の就職先がなく、専門学校に進路変更している生徒が増えていると聞きます。
即戦力を期待する企業のニーズに合わせた動きなのでしょうか。

気になるのが、どこまで即戦力として企業の人達が評価しているのかという事。
最近、企業の採用担当者や人事の役員が集まる会があり、参加して専門学校卒業生の即戦力としての期待について聞く機会がありました。
意外だったのは、即戦力として可能性はあるものの、あまり期待しておらず、入社してからきっちり教育するというもの。
専門学校の一定レベルの技術・知識は評価しているものの、そのままでは通用しないと考えている企業の方が多いというのが実感です。

そこで、専門学校を卒業した人、あるいは卒業予定の人が履歴書内でどのようにアピールすればよいのかということですが、やはり、具体的に学んだ内容を応募している企業でどのように役立たせることができるのかを具体的に書くことが望ましいでしょうか。
履歴書のスペースが少なければ、アピール文を添付すればいいわけです。
作品があるなら、それを添付するのも効果的ですね。
デザイン系の専門学校なら、在籍中に作品は多数作っているはずですから、その中から自信のあるものを提出するといいでしょう。

専門学校に入ればなんとかなる、専門学校で資格を取ればなんとかなる、こんな甘い考えで専門学校を選ぶのであればやめた方がいいでしょう。
これから先、就職の競争は激しくなるばかり。
しっかりとした考えに基づき、行動することが求められます。



posted by kazu at 09:39 | Comment(0) | 履歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

dc:identifier=