履歴書や職務経歴書はある程度でよければ誰でも簡単に作成できます。 しかし希望の企業に就職転職するためには、他の応募者と同じような履歴書職務経歴書を作成していたのでは、面接まで進むことはまず難しいと言えます。
履歴書や職務経歴書の書き方には基本的なことがたくさんあります。
その基本をしっかりとおさえて、勝てる履歴書・職務経歴書を作成することが重要です。時には他人の作成したものを研究することも必要です。
最初は戸惑ったり、手間がかかるかもしれないですが、そこをきっちりおさえていくことで、今までとは違う魅力的な履歴書・職務経歴書を作成することができるようになるでしょう。

2014年06月22日

40代、50代の転職マニュアル

40代、50代になって転職を考えているという方は、けっこう多いのではないでしょか。
なぜこんな風に思うかというと、中高年対象の転職マニュアル本を見かけることが多くなったからです。

本来人生のキャリアを積んでいる年代ですから、このような転職マニュアルに頼る必要はないと思ってしまうのですが、長年ひとつの会社に勤め続けてきて、初めて転職を考えたという方にとっては、転職に失敗することの不安から、マニュアルをしっかり読み込んで準備をすると考えてしまうのかもしれません。

20代の転職活動や新卒の就職活動とは当然異なっていますから、求人情報集め方、転職活動に際しての注意事項、職務経歴書の書き方も中高年ならではのポイントがあると思います。

その意味ではこのようなマニュアル本を参考にすることは有意義だと思いますが、新卒がよくやりがちな、マニュアル本に頼ってしまう、そんな利用の仕方では、転職に成功しない気がしますが、いかがでしょうか。

大事なのは、自分のキャリアをしっかり振り返り、自分の頭で考えて行動すること。
本当に何をしたいのか、転職後の5年先、10年先はどうなのか、そのあたりまでしっかりと考えていけば、書類の書き方などは簡単にわかると思うのですが、転職がはじめてという方は、どうしても不安が先にくるのでしょうね。

まあ、気になる方は図書館でも通って、その手の本をしっかり読んでみてはいかがでしょうか。



posted by kazu at 12:51 | Comment(0) | 就職・転職事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

dc:identifier=