履歴書や職務経歴書はある程度でよければ誰でも簡単に作成できます。 しかし希望の企業に就職転職するためには、他の応募者と同じような履歴書職務経歴書を作成していたのでは、面接まで進むことはまず難しいと言えます。
履歴書や職務経歴書の書き方には基本的なことがたくさんあります。
その基本をしっかりとおさえて、勝てる履歴書・職務経歴書を作成することが重要です。時には他人の作成したものを研究することも必要です。
最初は戸惑ったり、手間がかかるかもしれないですが、そこをきっちりおさえていくことで、今までとは違う魅力的な履歴書・職務経歴書を作成することができるようになるでしょう。

2016年03月28日

職務経歴書は自分をプレゼンする書類

職務経歴書は、他者との差別化を図ることが重要です。
特に人気のある企業や応募者が多い企業に書類を送る場合、多数の履歴書、職務経歴書が郵送されてくるわけですから、その中で採用担当者の気持ちを引き付ける必要があるわけです。

職務経歴書が単なる職務経験の羅列になっていてはまったく意味がないですね。
採用側の目線に立って考え、応募する企業のニーズにあわせて自己アピール内容を盛り込むことで採用担当者の関心を引き出すことができます。

プレゼンテーションのための書類が職務経歴書であると認識すると、何に重点を置き、何を記入すれば良いのか分かりやすいと思います。
プレゼンする書類であると意識することが大切なんですね。

職務経歴書で重要なのは、企業のニーズを的確に判断し作成することですが、求人情報だけでは企業のニーズを読み取れない場合もあります。
そんなときは、もう少し広くとらえて、業界紙をみたり、その業界のトレンド、動向を見て判断するのも一つの方法です。

自分のキャリアや強みを自己アピールする。
実績があっても、企業側が求める人材像を理解しないまま職務経歴書を作成しても、なんらアピール力のない、単なる応募書類になってしまいます。
書く内容がある程度決まれば、次のステップは見やすく、読みやすく作成すること。

図やイラスト、表なども使い、工夫すれば自分なりのプレゼン資料としての職務経歴書が完成します。



posted by kazu at 08:39 | Comment(0) | 職務経歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

dc:identifier=