履歴書や職務経歴書はある程度でよければ誰でも簡単に作成できます。 しかし希望の企業に就職転職するためには、他の応募者と同じような履歴書職務経歴書を作成していたのでは、面接まで進むことはまず難しいと言えます。
履歴書や職務経歴書の書き方には基本的なことがたくさんあります。
その基本をしっかりとおさえて、勝てる履歴書・職務経歴書を作成することが重要です。時には他人の作成したものを研究することも必要です。
最初は戸惑ったり、手間がかかるかもしれないですが、そこをきっちりおさえていくことで、今までとは違う魅力的な履歴書・職務経歴書を作成することができるようになるでしょう。

2017年06月25日

職務経歴書を作成する前にすること

転職は景気に左右され、売り手市場になったり、買い手市場になったり、転職を決める時期によっては慎重にならざるを得ないときがあります。
しかし、どのような場合にも、転職に成功している人の基本は準備をしっかりと行って就職活動を行っているということ。

即戦力を求められる転職だからこそ、職務経歴書の出来、不出来が成功を大きく左右するんですね。
そこで、再度職務経歴書作成前段階の基本を見直してみました。

職務経歴書を作成するには、まずは気楽に今までの職務経験を箇条書きにして書き出してみることが大事です。
あまり難しく考えてしますと、なかなか書き出せません。
この気楽さが重要です。

キャリアの棚卸しとか職歴の棚卸しとかよく言われますね。
覚えているようで、大事なポイントを書き漏らしてしまう事がありますから、まずは気楽な気持ちで書き出してみてはいかがでしょうか。

転職に限らず、新卒で就職する場合にも、過去の自分の経験や打ち込んできたこと、クラブなどで活躍したことなども、すべて書き出してみると意外と役立つことが多いです。
どんな些細なことでも気にせずに思いつくままに書き出してみることですね。
一つを思い出したら、それに関連する職務経験を書き出す、おもしろいように内容がふくらみます。

1日で完成する必要はありません。次の日にあらためて考えてみると、すいすい思い浮かぶこともありますから、ちょっとした空き時間を利用して書き出してみるといいでしょう。
続きを読む



posted by kazu at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 職務経歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

職務経歴書は自分をプレゼンする書類

職務経歴書は、他者との差別化を図ることが重要です。
特に人気のある企業や応募者が多い企業に書類を送る場合、多数の履歴書、職務経歴書が郵送されてくるわけですから、その中で採用担当者の気持ちを引き付ける必要があるわけです。

職務経歴書が単なる職務経験の羅列になっていてはまったく意味がないですね。
採用側の目線に立って考え、応募する企業のニーズにあわせて自己アピール内容を盛り込むことで採用担当者の関心を引き出すことができます。

プレゼンテーションのための書類が職務経歴書であると認識すると、何に重点を置き、何を記入すれば良いのか分かりやすいと思います。
プレゼンする書類であると意識することが大切なんですね。

職務経歴書で重要なのは、企業のニーズを的確に判断し作成することですが、求人情報だけでは企業のニーズを読み取れない場合もあります。
そんなときは、もう少し広くとらえて、業界紙をみたり、その業界のトレンド、動向を見て判断するのも一つの方法です。

自分のキャリアや強みを自己アピールする。
実績があっても、企業側が求める人材像を理解しないまま職務経歴書を作成しても、なんらアピール力のない、単なる応募書類になってしまいます。
続きを読む



posted by kazu at 08:39 | Comment(0) | 職務経歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

評価されやすい自己アピールの仕方

職務経歴書の基本は自分の経歴をいかにわかりやすく、効果的に採用担当者に伝えるか。
その一言に尽きると思いますが、思うようにはいかないと嘆く転職活動者が多いようです。

自分のキャリアの説明と合わせて重要なが過去の業績達成などの自己アピールだと思いますが、過度の自己アピールは採用担当者から見て「鼻につく」書き方となっていると逆効果になってしまいます。

表現の仕方はもちろんですが、業績達成の連呼に自己アピールがなってしまっているようであれば、一度見直した方が良いかもしれないですね。

どんな優れた人材でも、完璧であると言える人材はまずいないと思います。
弱みがあっても当然なんですね。

そんな弱みを持ちながらも、実績を上げ、会社に貢献してきた。
このような流れで説明できれば、採用担当者の顰蹙を買うことはないと思います。

自分で説明できるから大丈夫。
口頭で説明すればわかってもらえる。
このように考えるのは甘えです。

続きを読む



posted by kazu at 10:05 | Comment(0) | 職務経歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

転職に成功しない職務経歴書

日本列島を猛烈な寒波が襲っていますね。
雪国では猛吹雪のニュースが伝えられ、高齢の方々が屋根の雪下ろしなどで苦労なさっている姿を見ると胸がいっぱいになります。

年末を迎え、冷え込む日々が続いていますが、経済状況は少しは明るい兆しもあるのでしょうか。
大手企業は円安を受けて巨額の利益を出しているところがある反面、材料高などで円安倒産を余儀なくされた企業もあります。

この先、景気がどうなっていくのか、まだ予断は許さないですが、企業の人で不足感は続くような気がします。
ただ、勘違いしてはいけないのは、人出不足感があっても、採用基準が低くなるとは限らないということ。
新卒の採用でも、基準に達しない場合は、予定数に満たなくても採用しないと明言している企業が多数あります。

転職市場もそうですね。
即戦力を求めている企業が大半ですから、基準を下げてまで、即戦力にならないような人材を採用するとはどうしても思えません。

この点を勘違いして通り一片のことしか書いていない履歴書や、職務経歴書を書いているようでは、まず転職に成功することはないと思います。
続きを読む



posted by kazu at 11:13 | Comment(0) | 職務経歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

応募資格を満たす職務経歴書の書き方

求人情報には応募資格が明記されているケースが多いですね。
これはいい条件の求人情報だと喜んで読み進むと応募資格を満たしていない事がわかりがっかりする。
こんな経験をした事がある人は少なくないと思います。

応募資格を100%満たしている場合は職務経歴書も問題無く書けますが、良い人材が必ずしも応募資格を完全に満たしているとは限りません。
応募資格とかけ離れている場合は別として、応募資格を満たす部分もあるが、100%ではない、こんな場合でも採用されることが多々あります。

企業の採用担当者はどんな人物を求めているのかということですね。
単に同じような業種や職種を経験している事だけを理由として採用するわけではありません。
入社してからも新たなことを日々吸収して更に能力を伸ばす事が出来るのか、さらには組織として活動できる人物であるのかどうかなどですね。
自己中心的でのびしろがない、そんな人物は応募条件を満たしていても採用されるはずがありません。

このあたりを念頭に置いて職務経歴書を作成することが重要です。
応募資格を完全に満たしているわけではないが、持ち前の向上心と粘り強さ、あるいは素直さなどを強調し、応募資格に役立つ資格取得に向かって努力を続けているなど、書きようによっては応募資格を満たしていなくても採用担当者の心を射る事が可能です。

続きを読む



posted by kazu at 09:58 | Comment(0) | 職務経歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

職務経歴書の枚数が多い時のホッチキス使用

職務経歴書が1枚ですめば、こんな疑問はうかばないかもしれませんが、3枚を超えるあたりから、このままバラバラのままで送ってもいいのか、疑問に思う人もいると思います。
大体平均すると職務経歴書は2〜3枚ぐらいが多いと思うのですが、中にはいろいろ工夫して枚数が5枚前後になる人もいます。
こうなってくると、確かに読む採用担当者のことを考えてホッチキスでとめたくなりますね。

しかし、私の経験から言って、送付されてきた書類をファイリングして整理することが多いんですね。
この時に、ホッチキスでとめてあるもの、ホッチキスなしのもの、バラバラであれば整理しづらい。
もっと言えば、ホッチキスの部分がかさばって、そこだけ盛り上がり、たくさんの書類を一緒に整理出来なくなることもあります。

だから、たいていはホッチキスをわざわざはずして整理していました。
もちろん、中にはバラバラにならないよう、とめておいた方がいいという意見の採用担当者もいると思いますが、そんなに多くない気がします。

それでも気になるようなら、クリップでとめておけば、採用担当者の方でも気軽にはずす事ができるでしょう。
添え状、履歴書、職務経歴書と順番に封筒に入れ、送付するわけですから、よほどのドジな採用担当者でない限り、送付されてきた書類をバラバラにしてしまうということはないと思います。
ただし、職務経歴書が複数枚になるときは、番号付けは必要です。

続きを読む



posted by kazu at 10:09 | Comment(0) | 職務経歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

市販の職務経歴書用紙を使って良いか

履歴書の場合は市販の用紙を使う人も多いと思いますが、職務経歴書となると、市販のものではなく自分で作成したものを使用する人の方が多いと思います。
履歴書を買うと、セットで職務経歴書が付いている場合がありますね。
履歴書を自筆で作成している人にとって、目の前に職務経歴書の用紙があるわけですから、そのまま使ってしまう、あるいはセットになって入っているのだから、両方自筆で市販の履歴書、職務経歴書を使うのが普通だと思ってしまう人もいるかもしれません。

基本は市販であれ、自分で作成するものであれ、内容が整っていて自己PRも問題なければこだわる必要はないと思いますが、それでも職務経歴書は市販の用紙を使わずにPCで作成する人が多いのは理由があると思います。
一つは自分の独自性が出しやすいということ。
様式はいくらでも工夫できますし、とくにアピールしたい事柄を全面的に持ってきて目立つようにすることも簡単にできます。
書類の印象で差がつくことが多いことを考えると、この工夫できるということは大きいですね。

もうひとつが見直ししやすいということ。
気に入らない個所があるとすぐに削除したり、変更したりと、PCを使えば自由自在です。
手書きだとこうはいかないですね。
当然、改善がおっくうになり、いつも同じ職務経歴書をどの会社に対しても使いまわしてしまうという結果になりかねません。
続きを読む



posted by kazu at 11:43 | Comment(0) | 職務経歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

職務経歴書のタブーを知って職務経歴書を改善

職務経歴書を改善する努力は継続していますか。
もう改善の余地はない?
そう言い切れる人は、まず少ないのではないかと思います。
いくら改善しても、採用されなければ意味がありませんから、採用者の立場から見て、職務経歴書作成時のタブーをすることは重要です。
そのタブーをなくす努力をすれば、おのずと職務経歴書の内容が改善されるわけですからね。

まず、一番タブーとされるのが、うそや事実と異なる記載ですね。
少し誇張して表現するのと、うそや事実と異なる記載は別です。
自分ではこの辺までは書いて差支えがないだろうと思っても、他人から見ると事実と異なっている、そういう場合があると思います。
採用担当者は、慎重に職務経歴書を読み、必要な時には調査もします。
事実と異なる、うその記載はばれる場合が多いと覚悟しておいた方がいいでしょう。

次にタブーとされるのがあまり内容のない、職務経歴書。
空白を無理に埋めるために、文字を大きくし、行間を広げる。
気持はよくわかりますが、自分から、職務経歴として書く内容がほとんどないとアピールしているようなものです。
どんな細かなことでも、表現を工夫すれば、アピールできる文が作成できるはず。
シンプルすぎるかどうか判断してみるといいですね。

もうひとつ避けなくてはいけないのがネガティブな表現。
ネガティブな言い回しは、面接官にいい印象を与えないばかりか、普段からネガティブな発想をする人だとの評価をされていまいがちです。
ネガティブな表現は必ずポジティブな表現で言い表すことができますから、職務経歴書の中でネガティブな表現がないかどうかをチェックした方がいいですね。

続きを読む



posted by kazu at 12:39 | Comment(0) | 職務経歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

職務経歴書の書き方 魅せる職務経歴書とは

職務経歴書の作成で四苦八苦している人はけっこう多いと聞いたことがあります。
職務経歴書の場合、きまりきった書式はありませんから、どのように作成すればインパクトの強い、魅せる職務経歴書になるのか、迷ってしまうわけですね。

採用担当者の印象に強く残る職務経歴書を作成するためには、それなりの工夫が必要です。
レイアウトを少し変えるだけでも印象が異なるのですが、その他にも注意したい点がいくつかあります。

まず大事なことは、職務経歴書の上下、左右の余白を適度にとるということ。
書きたい内容が多いからと言って、余白を少なくするのは感心しません。
行間もそうですね。
詰めすぎると読む気がしないというか、大事なポイントを飛ばし読みされかねませんから、やはり読みやすい行間を取ることが重要です。
ワードなどではデフォルト設定である程度読みやすい状態になっていますから、よほどのことが無い限り、そのままの設定で作成することが望ましいのではないでしょうか。

箇条書きも適度に挿入することで読みやすい職務経歴書になりますね。
それぞれの項目で小見出しをつけるのも効果的な方法です。
避けたいのは途切れることなく文章が続いていること。
読む相手の気持ちを考えれば、適度な行余白も必要であることが分かるはずです。
続きを読む



posted by kazu at 22:58 | Comment(0) | 職務経歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

職務経歴書の枚数は何枚が標準か?

職務経歴が豊富で、幅広い仕事をこなしてきた人にとって、職歴を細かく具体的に書いていくと、思いのほか職務経歴書の枚数が増えてしまうことがあると思います。
しかし、職務経歴書は枚数多く書けばいいというものではありません。
ある程度、常識の範囲内で収めないと、かえってマイナス評価されてしまうおそれもあります。

逆に1枚だけの職務経歴書というのも、あまり感心できませんね。
どんなに職務経験が少なくても、工夫次第で最低2ページは書けると思います。
標準的な職務経歴書の枚数は2〜3枚、少し工夫を盛り込んだり、自分のキャリアが応募している企業にどのようなメリットをもたらすかの提案まで広げていくと、5ページぐらいになります。
これぐらいが限度ではないでしょうか。
ですから、2〜5ページの範囲内で、簡潔かつ具体的にわかりやすく文章表現を何度も見直して作成すると良いでしょう。

もちろん枚数を増やしたいからと、長々とした表現で内容を水増しした職務経歴書は、マイナス印象を持たれるだけです。
どうしても書く内容が少ない場合、職歴を時系列でまとめたものが1枚、主な職務内容の説明と志望動機、応募企業への提案などで1枚の計2枚でまとめるとすっきりすると思います。

続きを読む



posted by kazu at 22:34 | Comment(0) | 職務経歴書の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
dc:identifier=